skip to Main Content

堀澤麻衣子

国立音楽大学声楽学科を卒業後、イタリア留学でベルカント唱法を学び、アメリカでゴスペルを学ぶ。ポリープにより一時声を失うが、オリジナル発声法を開発し、歌手として復活。1stアルバム『ソル·アウラ·ヴィータ~太陽·風·生命~』 は、関西ヒーリングチャート1位を獲得。

2012年、世界的なプロデューサーと音楽制作に挑戦するため単身渡米。ホイットニー·ヒューストン、セリーヌ·ディオンを手がけるプロデューサー、スティーヴ·ドーフと出会い、声を見初められる。ハリウッドオーケストラで、3rdアルバム『Kindred Spirits – かけがえのないもの -』を制作。のちに2014年6月25日にヤマハミュージックコミュニケーションズからメジャーデビューアルバムとしてリリース。Amazon ニューエイジ部門1位を獲得。

高い歌唱力は劇伴業界でも評価が高く、映画『ファイナルファンタジーXV·キングスグレイブ』『チャーリーとチョコレート工場』『ティム·バートンのコープスブライド』、テレビアニメ『からくりサーカス』、ゲーム『ZONE OF THE ENDERS Z.O.E』『beatmania』等、数多くの作品で活躍している。
アルバムは現在までにソロアルバムを4枚、ユニットアルバムを3枚リリース。

コンサート活動としてはブルーノートなど日本各地での公演を行うほか、ニューヨーク、ロサンゼルス、イギリス、台湾などで公演するなど積極的に展開。また、日本有数の神社である出雲大社、諏訪大社、香取神宮、鹿島神宮、日枝神社など各地の神社にて「歌唱奉納公演」を行っている。

今回、2020年NHK大河ドラマ『麒麟がくる』ではボーカルとして歌唱参加。劇中歌「美濃の里〜母なる大地〜」では、堀澤麻衣子が作詞も担当。歌詞には“戦国時代の英傑たちがひとときの安らぎを感じられるように”という想いが込めらている。そして『大河ドラマ紀行』のテーマでは、美しいヴォカリーズにその想いを乗せ歌い上げ、戦国時代の情景に安らぎを与えている。

2020年6月、最新アルバム『堀澤麻衣子カバー集〜カランコエ〜』をリリース。

Music

ソロアルバム
Angel Streamアルバム (千代正行とのユニット)
主な歌唱参加作品
作詞提供
作詞提供
Back To Top